自分が求めている求人を見つけよう

求人情報で自分で一番求めている条件のところを探すにも結構時間は掛かります。多少のリスクは背負わなければ見つかりにくいです。また、福利厚生なども整っていれば文句なしの就職ができるはずです。求人情報をきちんとみて自分にあった仕事を探しましょう。

自分にあった求人情報の探し方

転職をするために求人情報を探す場合には気をつけなければならない点がいくつかあります。
まず、転職を繰り返すような事態に陥らないようにするためにも、長期間続けることができそうな職場を探さなければなりません。
そこで重要となるのが社内事情について調べることです。
求人情報に記載されている内容だけを鵜呑みにして会社を探すようなことだけは避けなければなりません。

求人情報は少しでも多くの募集者を集めるために作られるものですから、悪い情報が掲載されているわけがありません。
入社した後に、こんなはずではなかったと後悔してまた転職を繰り返すといったケースは多々見られます。
何度も転職を繰り返していると、忍耐力がない人材だと悪い評価を下されてしまうこともあります。
理由はどうあれ、企業の採用担当者から見れば職場を転々としている人材に対しては不安を抱いてしまいます。
お金をかけて採用した人がすぐにやめてしまうような事態は避けなければなりませんので、最悪の場合書類選考の時点で不採用となってしまいます。
インターネットなどを利用して企業の口コミ情報について調べてみるのも有効な手段の1つです。

また、 異業種へのチャレンジも否定することはできません。
あまりにも無謀なチャレンジをしてしまうと、結果として収入が下がってしまったり、最終的には仕事を続けることができなくなって元の業界に戻ってくるといったケースも見られます。
自分の可能性を広げていくことは素晴らしいことではありますが、貴重な人生の時間を無駄に過ごしてしまう危険性もあるので要注意です。
自分にあった仕事は何かまだ模索中の方も多いと思われますが、仕事を探す際には慎重な判断が必要となるでしょう。

企業の福利厚生などが整っている求人とは

企業の福利厚生については、求人だけでは判別がつかないので、しっかりと面接のときに確認しておくべきです。
福利厚生というのは、住宅手当、家賃補助などが代表的です。
住宅関連の手当てが最も高額になりやすいです。
社宅・寮費が無料というのは、年収には現れませんが、実際には大きな節約効果があります。
その他には家族手当、通勤手当、皆勤手当てなどがあります。

福利厚生が受けられるのは正社員だけではありません。
契約社員でも受けられます。
派遣社員の場合には、勤務先の会社ではなく、登録をしている派遣会社の福利厚生を受けることになります。
大手の派遣会社では、それなりに福利厚生が充実していることもあります。

求人サイトでは、「福利厚生が充実している求人」などというように、ピックアップされていることもありますが、詳細な情報というのは実際に契約する段階にならないとわかりませんので、参考程度にしておきましょう。
企業は労働者の能力に応じて、良い条件を出してくれることもありますし、交渉をすることで、給料が上がることもあります。
面談の段階で、しっかりと確認をしておきましょう。

しかし、まだ採用されているわけでもない面談の段階で、あれこれと給料などの条件を聞くというのは、あまり良い印象を与えないこともあります。
だからといって、まるで条件を確認しないというのも、「本当にうちで働く気があるのか?」と思われてしまうかもしれません。
面談の時間は限られているので、空気を読みながらケースバイケースで対応をしましょう。

大切なのは、内定が来た後です。
内定の承諾をする前に、必ず書面で労働条件を明示してもらいましょう。
後でトラブルになったときの証拠となります。

求人募集での落とし穴に注意

以前、求人における公的機関であるハローワークで問題になったことがあります。
それは「ハローワークに掲載されていた募集内容が実際に働いてみたら労働条件や労働環境が違っていた」という問題です。
そうした実態がマスコミで報じられてからハローワークも改善策を発表しましたが、働く側にしてみますとこの問題は民間の求人メディアにも当てはまる問題です。

今の時代はブラック企業という言葉がマスコミで報道されることが多いですが、求人広告に記載されている内容と実際の仕事の内容が違うことが根本的な理由です。
その違いには労働条件、労働環境はもちろんですが、そもそも職種が違うこともあります。
例えば、事務と募集を出しておきながら実態は営業であったり外回りであったりすることがあります。

このように募集内容と実際が違うことが一番問題ですので応募する側が注意をしなければいけないことは求人メディアの信用性です。
求人メディアにしてみますと、お金をもらえるのは掲載する企業からですのでどうしても企業側の立場に立ちがちという傾向があります。
それは裏を返せば応募者をないがしろにしていることになります。
ですから求人メディアの信用性についてもきちんと調べることが大切です。
求人内容を見るときにチェックをすることはメディアに出ている頻度です。
あまりに頻繁に募集を出している企業は離職率が高い可能性があります。
もし募集条件がよいのなら、なおさら注意が必要です。
好条件の職場で人手が足りないことはすくないからです。

そのほかには企業の連絡先にも注意を払うべきです。
携帯電話だけの連絡先の場合は気を付けたほうが無難です。
メディアに関して言いますと、いつも同じ企業ばかりが記載されているメディアも注意が必要です。
企業側から信頼されていない可能性が高いからです。
企業から信頼されていない求人メディアは避けるのが賢明な判断です。


■看護師の方で転職を考えている方はナースランクのサイトをご覧ください
看護師向けの求人・転職サイトを比較するならナースランク